【タイトル】
俗の金字塔
【著者】
窓ハルカ
【出版社】
リイド社
【刊行情報】
1巻のみ

すっごい変なマンガ

美人だけど相当変わり者な三船ゆかり、その恋人でアナル開発済みの野中雪夜、野中が好きだったけどゆかりへと心変わりした後輩の美咲、3人の変な三角関係で進む変なストーリー「俗の金字塔」、他7作収録の1冊です!

ニュモニュモのシーン

雪夜ゆかりにアナルをニュモニュモされるシーンがあるのですが、ネットでこのシーンを見て購入したんです。「なんだこの変な作品は…」と凄まじい力で引き込まれた感じがします。この記事の画像で描いたのがニュモニュモのシーンです。

ゆかりの性癖ぶっ壊れ

ゆかりは婚前性交の否定派です。でも屋外で雪夜の前立腺(アナル)を刺激したり、股間を踏んづけたり、乳首責めしたり、フェラしようとしたり、後輩の美咲に見られて興奮する雪夜を軽蔑したりなど、ゆかりの性への考え方は狂っています。美人だけど狂ってます。美人ゆえに狂ってるのかもしれないですが…。

開発を啓発するマンガだと思う

雪夜はゆかりと付き合い始めてから前立腺(アナル)を開発しまくりです。ゆかりが開発したのか、雪夜が開発をお願いしたのか、そういうのもわからなくなるくらい、自分の前立腺(アナル)にしか興味が無くなってしまったそうで…。そしてアナルビーズを突っ込んだまま学校に行き、ズボンからビーズがはみ出していても友達から指摘されるまで気づけないなんて…。私は開発してないですが、開発してない人は開発せずに、開発している人は雪夜のようになってしまわないように、開発はほどほどにしましょう!!