【タイトル】
焼きたて!!ジャぱん
【著者】
橋口たかし (Takashi Hashiguchi)
【出版社】
小学館
【刊行情報】
1~26巻 (完)

日本のパンである「ジャぱん」を作る壮大なストーリー

イギリスパン、フランスパン、ドイツパンはあっても、日本のパン「ジャぱん」は無い。この物語は、主人公東和馬(あずまかずま)が、世界に誇れる日本人による日本人のための「ジャぱん」を作る物語なのです。(アニメ化していて、アニメ冒頭のナレーション内容を短くした説明文です)

平成を代表するグルメマンガ

アラサーであれば「中華一番」「焼きたてジャぱん」「食戟のソーマ」の3作品を知っていると思います。それぞれマガジン、サンデー、ジャンプ、3大少年誌を代表する作品で、3作品ともアニメ化しています。

ジャぱん」が商品として現実世界で売っていた

アニメ放映中に、作中に登場する一部のパンがローソンで販売していましたよね。家の近くにローソンがなくて、出かけたときに買っていました。クッキーメロンパンが美味しかったんですよ…(作中だと、ジャぱん58号メロン寿司パンと呼ばれてました)

「なんやて!?」の最終回で有名

ネットで最終回だけがネタにされがちだけど、作品初期からぶっ飛んだ内容・リアクション・他作品オマージュとかしてたから…

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)