百合の世界への入門マンガとして推薦します!ギャグコメディが根底にあり、主人公の藤堂ちゃんが百合ハーレムを築いていくところが面白いです。

【タイトル】
悪いが私は百合じゃない
【著者】

もちオーレ (Mocchi_au_lait)
【出版社】

KADOKAWA
【刊行情報】

1~3巻

コメディ百合マンガ

 藤堂いつみちゃんは、担任の倉本先生を惚れさせるために、ネットでホレ薬を買っちゃいます。いまいち効果が信用ならないため、嫌いな学級委員長・四方塚さんで実験します。まぁネット広告で見つけた薬だからどうせ…と思いきや効果は絶大!惚れられるわ、発情されるわ…百合がすげぇんですわ。コメディ調の百合マンガで、いろんな属性のかわいいキャラがでてきて、かなり満足できる1作です。

ホレ薬の超水媚 (ちょうすいび)

 藤堂ちゃんが買ったホレ薬の名前は「超水媚」です。飲み物に数滴まぜるだけで効果を発揮し、飲んだらホレさせます。もうメロメロのムラムラです。
 効果の持続時間は基本的には数分なのですが、個人差があり1週間持続した事例もあります。効果が切れれば、ホレている時の記憶が無くなるはずなのですが、バッチリ鮮明に記憶に残ります。正体不明の薬をネットで買うのは恐いですね…。

藤堂 いつみ (とうどう いつみ)

 超水媚があってもなくてもホレられて、本人が無自覚で女垂らしの才能を発揮しています。そして主人公のくせに超水媚を飲むというポンコツぶりも発揮します。ホレ薬を飲むとノリノリになるタイプらしく、なぜか「にゃあ」などの猫言葉ににります。
 そして超絶優秀な妹がいて、姉として気まずい…。

四方塚 まこと (よもつか まこと) 

 藤堂ちゃんにホレ薬の実験台にされた女の子です。学年一位の成績を収め、学級委員長でみんなから慕われている優等生で、有名企業の社長令嬢です。いつもは校則に厳しく口うるさいですが、ホレた時のギャップがすごすぎます。めっちゃ積極的にアプローチしてきて、藤堂ちゃんが百合に目覚めそうになるくらい色々と上手いです。

神定 日葵 (かみさだ ひまり)

 ヤンキー女子で、藤堂ちゃんから超水媚入りの飲み物をカツアゲして、飲んでホレます。間接キスをしただけで結婚を考える硬派です。四方塚さんのようにガンガン攻めるタイプではなく、東堂ちゃんからしてくれるようにお願いする受身タイプです。

河野 るる香 (こうの るるか) 

 藤堂ちゃんのオタク友達であり、藤堂ちゃんのことが好きです。飲み物にホレ薬を盛って東堂ちゃんに飲ませます。半信半疑だった薬の効果を目の当たりにして、私利私欲のためにコスプレをさせまくります。

大門 翼 (おおかど つばさ)

 運動神経抜群で、校内で一番モテる褐色女子。超水媚を混ぜたスポーツドリンクを差し入れだと思って飲んでしまいます。ストレートに愛を伝えてくるタイプで、一緒にいろんなスポーツして汗を流します。

羽根井 凛 (はねい りん)

 超水媚は関係なしに、藤堂ちゃんにホレてます。藤堂ちゃんの後輩であり、藤堂ちゃん中学時代の黒歴史に詳しく、好きな先輩をいじめたくなる系のツンデレ後輩です。

白城 黒姫 (しらしろ くろひめ)

 制服をゴスロリ風に改造し、髪が縦ロールの女子。派手な見た目なのに恥ずかしがり屋さんです。手持ちの日傘には模造刀を仕込み、授業中に独り言を呟きながらマンガを描いていて…典型的な中二病で友達はいないです。

岩垣 結菜 (いわがき? ゆいな)

 神定さんの幼馴染で、神定さんを奪われたと思って藤堂ちゃんをシメます。藤堂ちゃんは何とかして誤解を解くために、なぜか岩垣さんに告白します。岩垣さんもまんざらでもなく、あっさり堕ちます。

加賀屋 花 (かがや はな)

 生徒から先生まで、個人情報をえげつないくらい握っています。その情報を利用する占いで、新しい百合カップルを生み出す罪深き情報屋です。

柳 弥生 (やなぎ やよい)

 不登校の不良少女。ゲーセンで藤堂ちゃんからカツアゲしようとします。藤堂ちゃんが冗談でパンツを交換条件にお金を貸すと言ったら、その場で脱いで渡してきます…え?

 ブログ主は普段は百合マンガを読まないのですが、この百合マンガはめちゃくちゃ面白いです。ギャグマンガのノリで気軽に読むことができます。さぁ!百合の扉でも開きましょう!

作者のもちオーレ先生はYoutubeチャンネルでマンガ動画を配信しているので、こっちもよろしく!