【タイトル】
ウザ姉!!
【著者】

セレビィ量産型
【出版社】

集英社
【刊行情報】

1巻 2巻 (完)

姉と弟の危険な物語

姉の宇佐美ミミ(高2)、弟の健ニ(中3)は、パッと見はどこにでもいそうな姉弟です。姉が能天気かまってちゃんで、弟が振り回されて辟易してますが、なんだかんだで仲が良いです。姉弟の一線を越えそうな時もちょいちょいありますが、あくまで「越えそう」なだけであり、越えません!(いや!越えろよ!)

一線越えそうとは?

ヌードデッサン
漫画家を目指す健二くんの原稿を、ミミちゃんがダメにしてしまい、そのお詫びとし、て一肌脱いでヌードデッサンします。これって、ある意味で一線越えてません?

学校で脱ぎ合い
これはちょっとした事故がきっかけなのですが、健二くんが濡れて下着が透けている姉のために、自分のYシャツを渡します。お互いが上を脱いでるタイミングで、同級生男子2名に見られて、完全に誤解されます。第三者からみたら、この姉弟は一線越えてると思ってしまいます。

姉弟でプール
泳ぎたいと駄々をこねる姉のために、健二くんは一緒に市民プールにいきます。なぜか水着の上を無くしてしまった姉のために、上半身裸の姉をおんぶします…。これは一線越えてないけど…恋人かよっ!

パーティーをカップルとして参加
ハロウィンパーティーにカップルで仮装して参加するとお菓子がもらえるので、姉弟でカップルとしての参加します。ご近所の人たちは、2人が血の繋がった姉弟と知っているので、まさか一線越えてるのでは?と思っています…。

クリスマスパーティーでキス
不慮の事故で姉弟でキスします。姉は頬を赤らめ、弟は気絶します…。不慮の事故だから一線越えたことにはなりませんよね?

コタツで一緒に…
雪降る真冬に家が停電になり、寒さ対策として、姉と抱き合って温め合うとこになります。本当に、ただ温め合っただけなので、一線は越えてない…よね。

健二くんはシスコン
ミミちゃんは、健二くんから見たらポンコツです。しかし!健二くんたちの同級生から見たら、めっちゃくちゃかわいくて大人気です。姉が性的な目で見られることに耐えられない弟は、激怒するのです!そのせいでシスコン認定されます。まぁ一線は越えてないですね。

映画はカップル割で
仕方なく姉弟で映画を観ることになるのですが、映画館スタッフからカップル認定されて、カップル割でチケット購入します。第三者から見たらカップルなんですね…。なんだろう…プラシーボ効果みたいに、2人がカップルであると思い込ませて、一線越えさせようとしてません?

姉と一緒に鑑賞
健二くんがAV鑑賞中に、ミミちゃんが部屋に凸してきます。健二くんが煽ったせいでミミちゃんがムキになり、マジで一線越えそうに…なりません!

ミラクルジャンプの休刊で、打ち切りになってしまったのですが、連載が続いていたら、マジで一線越えていたかもしれませんね…。

登場するのは姉妹だけでなく、健二くんに恋するグッちゃん、健二くんにイタズラしてくる親戚のナコ姉、パパといつまでも仲良しな宇佐美ママなど、個性が豊かすぎるキャラばかり登場します。全2巻なので全部紹介すると読むところが無くなってしまいますので、ぜひ読んでほしいです。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)