地主先生のTwitterで読めていたマンガでしたが、ビッグガンガンで連載&単行本化、そして【次にくるマンガ大賞Web1位】を受賞しています!スゴイ!そんでもって『ロクレイ』もSEEDs1期生のファンアートも好きです!

【タイトル】
 スーパーの裏でヤニ吸うふたり
【著者】
 地主 (Jinushi)
【出版社】
 スクウェア・エニックス
【配信情報】
 1巻

喫煙所にいるお姉さんとおじさん

スーパーの2番レジを担当する山田さんは、スーパー裏の喫煙所で佐々木さんといる時だけ田山と名乗ります。レジにいるときは営業スマイル全開の清楚お姉さんで、休憩中やプライベートでは目つきが少し怖いワイルドお姉さんです。そして40代おじさんの佐々木さんは、鈍感ゆえに、山田さんと田山ちゃんが同一人物だと気づけません…。「そんなことある!?」と思ますが、それが佐々木さんなんです。

なんで山田さんは佐々木さんの前でもう一人の自分を演じているのかと言うと、おじさんをからかうのが楽しいからなんですよね。あとはおじさんのことが好きゆえに、面と向かって話すのが恥ずかしいので、田山ちゃんという仮面を被って恥ずかしさを隠しているような感じです。いや本当は田山ちゃんのときの山田さんが本物なんですけどね。

社畜な佐々木さんの癒し

佐々木さんは仕事を早く上がれたとき、スーパーの山田さんの笑顔に癒されたくて2番レジに並びます。こういう何気ない日常の癒しは最高ですよね。今は2番レジで山田さんの笑顔に癒され、喫煙所で田山ちゃんに遊ばれることも癒しになっているように見えます。佐々木さんは喫煙所で煙とともに仕事の悩みとかも吐き出してますし、年の功として田山ちゃんに人生論を語っているときもあります。これこそタバコミュケーションです!

それにしても佐々木さんの働いている会社は、けっこうなブラックなんですよね…。
・テッペンまで会議してる(今どき!?)
・何も決まらない会議を繰り返してる
・理不尽に怒鳴り散らす上司がいる
・23時10分でも仕事してるし、そこから朝まで…
・笑顔の練習してら同僚に壊れたと思われる…
・同僚が急に飛んじゃう…
・14連勤だってしちゃう…
・取引先もけっこう理不尽…
などなどブラック企業と評価できるような職場環境で佐々木さんは働いています。

佐々木さんがおじさんすぎる

佐々木さんは見た目がおじさんですが、中身もちゃんとおじさんです。
・女の子におかきを差し入れしちゃうチョイス
・新卒の子を泣かせてしまってクソ悩む
・頭に桜の花びらがついていても気づけない
・腕が攣って翌日まで痛みが長引いてる
・やっとガラケーからスマホに機種変した
・スマホの使い方を田山ちゃんにレクチャーしてもらう
・老眼
・山田さんの半袖に爽やかさを強く感じちゃう
・田山ちゃんのへそ出しルックを心配しちゃう
なんだろう…佐々木さんみたいな人が上司だったら、仕事が楽しくなりそうですよね。どんな業界でも、どんな仕事内容でも、どんな人と働くかはかなり大事な要素なんですよね。

喫煙所は悪いところじゃなかった

昨今は喫煙者が肩身の狭い想いをし続けているようです。喫煙を取り巻く法律の改正、タバコの値上げ、喫煙所の減少、一部の喫煙者のマナーの悪化など…でも!スーパーの裏にある喫煙所がマンガのラブストーリー(?)の舞台になるなんて…すげぇ世の中になったと思います。

これはマンガですし、登場人物の喫煙者たちはみんな大人です。だから喫煙してても何にも問題ないんです!田山(山田)ちゃん、佐々木さん、後藤ちゃんは喫煙所でマナーを守って吸っています。それは普通のことかもしれませんが、えらい!

おじさんとスーパーの女の子、これはラブコメに発展するのかしないのか…じっくり見守りたい作品となっております。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)