【タイトル】
先生白書
【著者】
味野くにお (KUNIO AJINO)
【出版社】
イースト・プレス
【刊行情報】
1巻のみ

冨樫先生アシスタントさん

冨樫先生が「幽★遊★白書」「レベルE」を連載していたときのアシスタント・味野くにお先生が描くエッセイマンガです。アシスタント目線で描く冨樫先生の生態記録的な感じでもあります。このマンガを読んで「冨樫先生、めちゃくちゃ良い人やん」と強く思いました。夏と冬にボーナス支給があって、幽★遊★白書の完結時には退職金代わりのボーナス支給があり、冨樫先生の職場は、めちゃくちゃホワイトだなと…。

作画が荒れていた理由

アシさん目線だと、冨樫先生は「毎週やってくる 締め切りに追われて ままならなく なっていました」だそうです。もともと綺麗で丁寧な線が荒れ、アシさんにお願いせずに時間短縮のために描き殴ったような線で背景を描いて、どんなに追い込まれても、不機嫌な姿を見せたり、当たったり、愚痴をこぼすことはなかったそうです。先生が疲弊していく姿を見るのはアシスタントさん的に一番辛かったと思います。たぶん冨樫先生ってすごく繊細で、相談したりお願いすることが苦手で、自分で抱え込んで疲弊してしまった感じかと思います。

腰痛ネタ

冨樫先生、昔からずっと腰が悪いみたいですね。腰痛がひどくて休載しているのはネタだと思っていました…。ハンターハンターが休載して3年くらい経過していますが(2022年4月時点)、とにかく腰が良くなって、何年かかってもいいので、ハンターハンターは完結してほしいです。

▼冨樫先生に関連する記事
HUNTER×HUNTER ゼノ=ゾルディッㇰ
HUNTER×HUNTER ゲンスルー
幽☆遊☆白書 蔵馬VS海藤
先生白書