【タイトル】
ピンサロスナイパー
【著者】
たべ・こうーじ
【出版社】
日本文芸社
【刊行情報】
1~3巻 (完)

昼はOL
夜はピンサロ嬢
しかしてその正体は?

階堂ユキは昼は地味なOL、夜は人気のピンサロ嬢、その正体は凄腕のピンサロスナイパー!弱きを助け、都会に蔓延る悪を挫く勧善懲悪ストーリー!

スカッとする勧善懲悪ストーリー

クソみたいな悪党が懲らしめられる姿は、やっぱり良いですよね。現実世界で犯罪ニュースが多くてやるせない気持ちになっていると…よりそう思います。勧善懲悪は典型的で王道的かもしれないですが、マンガにとって大事な要素かと思います。

地味なOL?

階堂ちゃんは地味なOLって言われています。実際、地味なのは黒縁で大きい眼鏡だけなんですよ。会社支給の制服では、そのボディラインは隠しきれていません。むしろ色々と際立っているような、そんな気がします。

たべ・こーじ先生の描く女性は格好良いエロさを纏っている

先生の描く女性って、ハリウッド女優のような、峰不二子のような、アスリートのような、とにかくすごいボディなんですよ。小顔で、巨乳で、腰はくびれていて、尻が大きくて、脚が長くてエロい!そして筋肉もちゃんとあるのでボディスーツはバシッと決まっていて格好良い!。萌え系マンガに登場する女性とは一線を画す、それがたべ・こーじ先生の描く女性なんです。あと、先生はたぶん、女性の腹筋が好きだと思います。絵を見ていると、そんな気がすんですよ…。(勘違いでしたら、先生申し訳ありません)