写真部のぶっ壊れ男女メンバーたちが繰り広げる大学青春群像劇(?)です。地味な日常なのに濃ゆい出来事ばかりで、大学生特有の人生のモラトリアムってこんな感じだなぁ~と思わせてくれます。

【タイトル】
 ふぉとくら 
【著者】
 きゃたつ (KYATATSU)
【出版社】
 マイクロマガジン社
【配信・刊行情報】
 1巻

大学写真部4人の青春群像劇

福岡さん、四条さん、平沢部長、谷口くん、写真部のメンバーはみんなクセが強いと言いますか…拗らせています。男子2人は部室でアニメ鑑賞していて、なんちゃって写真部かと思いきや、部の実績残しとして、野球部やオーケストラ部の同伴撮影をしています。部活パートと日常パートだと、日常パートの方が割合的には多いです。

個人的には男子メンバーが好きなので、男子メンバーを中心に紹介していこうと思います。

部長

平沢創くんは、四角いメガネをかけた男子大学生で、写真部の部長です。部員たち全員を「氏」という敬称で呼んじゃうステレオタイプなオタク。

みんなからは「部長」と呼ばれ、幼馴染のオーケストラ部の部長・岡崎春奈からは「創くん」と呼ばれています。オタクなのに幼馴染女子がいるんですね…。

メガネをクイッとして「Exactly」と言う姿は、本人はカッコいいと思っていそうですが、自分に酔っている感じが絶妙にダサくて良いです。でも銭湯ではタオルを巻いて前を隠していないところは、カッコいい!

あえて言及することではありませんが、彼は童貞です。なぜなら、高校3年間も陰キャを拗らせ彼女がいないからではなく、賢者であり、童貞自衛官だから童貞なのです。といういう言い訳です。童貞ゆえに免疫力と対応力がなく、幼馴染での岡崎さんの手と唇によって童貞精神を破壊されました。

精神破壊後の彼の姿は、同じ男として見てられないです…。

谷口

一般男子大学生で、ラッキースケベ体質の持ち主です。平沢部長とはオタクの波長が合うようで、2人でアニメ観たり、ボードゲームしたり、呑んだりしています。

部長に幼馴染女子がいて殺意に近い感情を抱き、精神破壊された部長のことを「ゴミムシ」と呼び、精神崩壊から復活しそうな部長を無限童貞地獄に引きずり込もうとしています。

あと、おっぱいが好き。

女子メンバー

女子メンバーを軽く説明しておくと、福岡さんは自慰界のパイパンアリストテレスで、四条さんはちょっと倫理観が壊れている変態です。たぶん読んでる人なら、この説明でわかってくれます。

第2巻は8月31日(水)発売です!

平沢部長が精神崩壊から無事に復帰できたのか…それだけが気になります。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)