クソ上司が美少女に見えるVRメガネを装着して、社畜人生が180°変わります!だって…いつもの罵倒や詰めがご褒美でしかないのですから…。

【タイトル】
パワハラ美少女カンパニー
【著者】
広間月下
【出版社】
集英社
【刊行情報】
1巻 2巻 3巻 (完)

社畜のVR物語

ブラック企業に勤める小山内くんは、ハラスメント撲滅セミナーに参加し、究極の対策アイテム「オッサンが美少女に見えるVR進化メガネ」と出会います。そのメガネをかけると、クソおっさん上司が美少女に見えて、理不尽な要求や罵倒がご褒美に変わるというわけです。人格否定の過激なパワハラであればあるほど、悦に浸れるのです。

社畜が救われる?

クソ上司の罵倒がご褒美に変わる。これならストレスは激減しますよね?これで救われる社畜がいるならば、VRメガネは是非とも実用化&製品化&量産化してほしいです。
でも仕事のストレスってそれだけじゃないから辛いですよね。タスクの量が多いとか、納期がタイトすぎるとか、これらはクソ上司が美少女になっても解決は難しいですね。ドラえもんのもしもボックスで世界を丸ごと変えてしまうか、NARUTOの多重影分身の術で溜まったタスクを一気にこなすか、ドラゴンボールの精神と時の部屋で仕事すれば現実世界の納期が1日のところ1年になりますし、もしくはかめはめ波でクソ上司をふき飛ばすか、デスノートに上司の名前を書くか…マンガで仕事の嫌なことをどう明るく考えるのかって、楽しいですね。

冷静に考えると怖い

VRメガネのおかげでクソ上司が美少女に見えて、美少女の谷間や太ももは、メガネを外したらおじさんのそれになるんです。冷静に考えたら怖いですよ…。
でも!ストレスから解放されるのなら、それは些細なことかもしれないですよね…?いや違うか…

第1話は以下から試し読みができます!

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)