待ちに待った 「MENU 50 あんまん (後編) 」が掲載されているのが7巻です。満島さんと重松くんで旅行に来ていたのですが、ものすごく重たい空気で別々で寝ることに…というところで6巻が終わっていました。
こんなの気にならない人はいませんから…!!

【タイトル】
 ワンナイト・モーニング
【著者】
 奥山ケ二チ(Kenich Okuyama)
【出版社】
 少年画報社
【刊行情報】
 1~7巻 7巻電子版は配信済・7巻紙版は6/27(月)発売

「わからないなら いいです」

満島さんが重松くん放った言葉であり、怒っている理由を聞いたのに、これを好きな人に言われたら辛いですね。
この言葉は、目には見えない壁を感じさせ、目の前にその人がいるのに遠く感じさせ、見放された感じもします。そしてこうも思います「もうおわった…」と。

キッズへの対応力が高い

重松くん、子どもへの対応力が高いです。下手すると事案になりかねない悲しい時代ですが、旅館の中とはいえ迷子を心配して声をかけます。
フロントに連れて行きつつ、子どもの何気ない疑問にまじめに回答します。まぁ~そのおかげで満島さんを傷つけてしまった原因に気づけましたがね。
迷子を助けてあげたのでお礼を言われる側ではありますが、気づきのきっかけをくれたキッズにお礼をいいます。重松くん礼儀正しすぎる。

てかこの鼻ほじりキッズ…着眼点が大人すぎるから、まさか人生2週目なのか…。

はたして、重松くんは満島さんと仲直りできるのか?どうやって仲直りするのかは…読んで確かめてみて下さい。

7巻には、年下の幼なじみ女の子に翻弄されたり、飲み会疲れから七草粥を彼女に作ってもらったりなど、色々な男女のラブストーリーが満載です。

コンプレックス

せっかくなので、ブログ主がコンプレックについて考えてることを書きます。

人には大なり小なりのコンプレックスがあります。「そんなものない」と言う人もいるかもしれませんが、大多数の人は何かしらのコンプレックスを抱えています。それは目には見えにくいものなのか、見えやすいものなのか、隠せるものなのか、隠せないものなのか…。

重松くんは、みんなから目つきが怖いといわれ前髪で目を隠していました。満島さんは、隠せないくらい胸が大きく、男女問わずジロジロ見られ、イジられてきました。

そして、コンプレックスをコンプレックスたらしめるポイントは「好きでそうなったわけじゃない」ところにあります。自分で選んだこと、好きでそうしたことなら気になりませんが、自らの意思が介在していないと、納得することも受け入れることも難しいです。

子どものころ、人が気にしてることをバカにしてくるいじめっ子はいます。そして、その気にしてることをさらに気にしてしまい…という悪循環に突入します。

でも大人になると、コンプレックスだったことが役に立ちます。何がコンプレックスだったかというと「名字」です。ブログ主は、実は変わった珍しい苗字の持ち主で、子どもの頃は苗字をバカにされ続けてきました。当時はイジメられていると思っていましたし、親には相談せずに耐えてました。なぜなら、親が与えてくれた苗字で子どもがいじめられてるだなんで、親には知られたくありませんでしたよ。

そして、珍しいがゆえに、読み間違いされたり、漢字で書くときに間違えられてきました。そこに悪意はないですが、訂正するのは手間になりますし、相手の間違いを指摘することにストレスを感じ、とにかく煩わしかったです。

しかし社会人になってからは、バカにしてくる人はいなくなりました。まぁ社会人になってまで、人の苗字をバカにしてくる人はいません。まぁ適度にイジってくる人はいますが、子どものころのイジメに比べたら屁でもありません。
そして珍しいがゆえに、相手に苗字を覚えてもらいやすいです。苗字を間違えられて訂正するときに会話が生まれて、コミュニケーションのきっかけになります。
これは会話が苦手なブログ主にとっては、けっこう便利に働いてくれます。子どものころは自分を苦しめたコンプレックスが、大人になってから自分を助けてくれました。

ちょっとマンガ本編の話から脱線してしまいましたが、人が経験してることの差によって、マンガの読み方と感じ方はかわってくるんですよね。だから、いろいろなマンガをよんで、自分の考えを広げて深めていきたんですよね。

「ワンナイト・モーニング」は、コンプレックスで悩んでいる人、恋に悩んでいる人、恋をしたことがなくて悩んでいる人、告白しようと考えている人、プロポーズをしようと考えている人、いろいろな人に読んでほしい男女のオムニバスストーリーマンガです!

満島さんと重松くんは、また再登場して、コンプレックスとの向き合い方がまた変わっているのか知りたいものです。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)