信國さんの実践するモテるテクニックは、すべての男子を虜にしてしまいます。一生懸命にテクを実践し、ドジってしまったり、ちょっとスケベだったり…こんなん絶対好きになってしまうやん…。

【タイトル】
となりの信國さんは俺のことが好きな気がする
【著者】
安田剛助 (Kousuke Yasuda)
【出版社】
白泉社
【刊行情報】
1巻 2巻 3巻

隣の席の子が気になる…

田舎JKの信國のどかちゃんは、転校してきた隣の席の佐々木くんを振り向かせるために、女性誌のモテるテクニックを実践していくのです。いわゆるモテるテクニックを実践してる女子って、あざといだけでヘイトを集めてしまいそうな気もしますが、信國さんはそんなことありません。研究熱心で、素直で、かわいくて、ドジな信国さんを応援したくなります!でも授業中にやるのはやめようね。

信國さんの実践テク

1話 愛されフェロモンは脇の下から!?
信國さんがひたすら脇を見せます。チラ見せではなく全開です。佐々木くんの紳士的な言葉がけは、すべての男子は見習うべきです。 
2話 男子は女子の寝顔にときめく!?
寝たふりして寝顔を佐々木くんに見せる回です。ブラウスのボタンがとれてしまい、胸元全開になっちゃいます。そして佐々木くんは、カーディガンをかけてあげるという紳士的な対応で乗り切ります。
3話 男子のいう「可愛い」の本音は!?
信國さんが髪をアップテールにして、佐々木くんから「可愛いね」と言ってもらえちゃいます。それが建前なのか本音なのか悶々としちゃいますが、佐々木くんが言ってくれたことだから嬉しくてニヤけちゃいます。翌朝のカチューシャも「可愛い」と言ってくれる佐々木くんは、高校生とは思えない紳士っぷりです。

信國さんの実践するモテるテクニックは、効果が怪しく、けっこう過激なテクニックが多いかと。というか信國さんが解釈を間違えているだけの場合が多いですが…。でも、失敗したと思われるテクは封印し、新しいテクを実践していくとか、行動力の塊みたいな女の子であることは確かです。4話以降も数々のテクを実践していくので、男子も女子も必見です。

佐々木くんが紳士すぎる

書いていて改めて思うことは、佐々木くんが高校生とは思えないくらい紳士的な行動と発言をしていますよね。親御さんの教育の賜物なのか、天然なのかわからないですが、末恐ろしい男の子ですね。現代社会は女性に「可愛い」と言うだけでセクハラ認定されることもあるそうなので、男性のみなさんは注意して世の中を生きていきましょう。