かわいい女の子たちがゲーム会社で働くマンガです。そして有名なネットミームである「今日も一日がんばるぞい!」は、このNEW GAME!が元ネタです。

【タイトル】
NEW GAME!
【著者】

得能正太郎 (Shotaro Tokuno)
【出版社】

芳文社
【刊行情報】

1~13巻 (完)

ゲーム業界のゲーム会社マンガ

きららマンガですので、登場人物たちは女の子たちで、みんなかわいいです。ゲーム業界のことは詳しくないですが、現実だったらこんなに女の子たちは多くないですよね…。でもいいんです!だってマンガだもの!

会社あるあるネタ

作中で「そういうのあるわ〜」と共感できる、会社あるある話が散りばめられています。
・社員証を忘れてオフィスに入れない
・会社に泊まる人がいる
・寝袋を用意してる人がいる
・ビールの注ぎ方にうるさい人がいる
・エアコン温度をやたらと下げる人がいる
・冷蔵庫に食べ物いれてると勝手に食べられる
・打ち上げのビンゴ景品が微妙…。
これらは、ブログ主が会社員として経験したことがあります。かわいい女の子たちが多いのに、妙にリアルな会社あるあるが描かれると…おもしろい!

会社で泊まることについて

入社したばかりの青葉ちゃんが、会社に泊まるために寝袋と着替えを用意します。でも、これを現実でやってしまったら、地獄の始まりです。「泊まって仕事する」という選択肢が確立してしまうと、それに頼りがちになるのです。「終わらねぇから泊まるか…」みたいな感じです。会社で泊まるメリットとしては…
①通勤時間がなくなる
当たり前ですが、会社に泊まれば通勤時間はなくなります。通勤時間の分だけ仕事ができて寝れるというわけです。
②限界まで仕事できる
これも当たり前ですが、帰る必要がなくなるので、眠くなる限界まで仕事ができます。それに夜中って、お客さんからの電話もメールが(ほぼ)来ないので、作業するには集中しやすい環境なんです。仕事に集中していると眠気が吹き飛びますが、外が明るくなってきて「さてと寝るか…」みたい5時に寝て7~8時くらいに起きる感じですね。泊まれば遅刻もなくなりますし。
かつてのブログ主は、そこそこの頻度で会社に泊まって仕事をしていました。正直なところ、会社に泊まることは推奨したくないので、どんなに遅くても終電でちゃんと帰りましょう。やっぱり会社で寝ると、ちゃんとした布団じゃないので、腰とか首とか痛くなります。

有名なネットミーム

NEW GAME!のことは知らなくても、「今日も一日がんばるぞい」なら知ってる人はいるかと思います。出社して自分のデスクに座り、気合を入れるシーンなのです。まぁデスクに座ったら頑張らざるを得ないんですよね…。

「さて…今日も一日がんばるぞい(遠い目)」

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)