【タイトル】
Mr.FULLSWING
【著者】
鈴木信也
【出版社】
集英社
【刊行情報】
文庫版1~15巻 (完)

平成のギャグ野球マンガ

平成の破天荒ギャグ野球マンガであるMr.FULLSWING。小学生の時に読んで、かなり印象に残った話をUPしていきます。

文庫1巻
11発目 8人野球

十二支高校野球部への入部最終試験で実施されたのが変則野球ヤキュウケンですね。失点や凡ミスでユニフォームを失っていくリアルヤキュウケンです。そして、この最終試験で唯一脱落したのが佐倉くんですね。彼の残りが「ズボン」「スパイク」「パンツ」の3点分で、エラー&バックホームでの暴投&失点で一気に3点分を失い脱落…。唯一の脱落者ゆえに「そういえば入部最終試験で1人だけ脱落した子がいたな」という記憶が今でも強く残っています。

文庫2巻
20発目 漢娘と不思議少女

野球部マネージャーである、清熊もみじちゃん、猫湖檜ちゃんの2人が初登場した回です。もみじちゃん男勝りだけど、めっちゃ巨乳なキャラです。しかしそんなことより辰羅川くんが「女子に見向きもされない原因はもみあげ」と認めた回でもあります。自分のアイデンティティーを否定するなんて…鈴木先生のギャグが光っています。辰羅川くんといえばもみあげ、もみあげといえば辰羅川くん、そのくらいもみあげイメージの強いキャラクターですね。

文庫2巻
26発目 野宿組

合宿第1メニューであるクロスカントリーの結果、野宿になってしまったメンバーたちの夕飯シーンはインパクトが強烈でした。その理由は「ごはんですか?」が登場したからです。誰もがご存じの桃屋の「ごはんですよ!」のパロディですね。そして米との分量が逆という…子津くんのツッコミもパワフルで、今でも脳裏に焼き付いています。

文庫5巻
65発目 合宿最終日~食材調達バーべキュー~

合宿最終日、猿野くんの夢で「ムッチャマシンガントークの司馬くん」が登場しましたね。古臭いお笑い芸人風で、出っ歯はさんまさんを連想させます。マシンガントークを「ペラペラ」で表現するのって、なんかおもしろいですよね。

文庫9巻
129発目 天国パーク開園!

スポーツ生理学の講師である我修院翔英が登場しますね。まぁ猿野くんが変装しているだけなんですが…いかにもなオタクの風貌は今でも笑えます。そして羊谷監督のキレキレのツッコミである「うそだ~ 30kgっつったら 小3だぞ 体から 小3がいなく なったのか」が最高ですね。長いツッコミですが、めちゃくちゃわかりやすいですよね。そしてフレンドパークを思わせるような練習メニューは、今読むと懐かしさでいっぱいです。

文庫9巻
130発目 オレ達のオーレ
131発目 涙のVゴール

野球マンガでサッカーをやってしまうという禁忌を犯したエピソードです。サッカー部が集団食中毒になってしまい、野球部にヘルプが来た感じです。そして該当の130&131発目のロゴは「Mr.FULLSWING」ではなく「Mr.FREEKICK」になっています。それに130発目は「第一蹴:目指せ!!夢の両国国技館」、131発目は「第二蹴:風船の中からキングカズ登場!!」と話タイトルも専用のモノがあり、仕事が細かいですね。まぁミスフルは正統派野球マンガではなく、異端派ギャグ野球マンガなので禁忌を犯してもOKですよね。それにしても鈴木先生はキャプ翼が大好きなんだと思います。ちょくちょくキャプ翼ネタをやりますし、今回は石崎くんの顔面ブロックを子津くんにやらせますしね。それに単行本や小説版の宣伝を本編でやったり、急に4コママンガを入れてきたりなど…やりたい放題してます。なんか銀魂より先に好き勝手やっていたマンガなような気もします。

文庫11巻
155発目 第2の秘球

黒撰高校の緋慈華汰斗肢(泥片歳)くんの個性が強すぎて笑えました。本人が気にしているビンボー貴族ということを犬飼くんに指摘されて、豪快で無駄に長いボケツッコミで三振しました。これこそ鈴木先生の特徴である長いツッコミを最大限に振り切ったものだと思います。それにしても無駄に力強くて、これ以上に笑える三振を描く(ギャグ)野球マンガはほかに存在しないですね。ビンボーのイメージとして、魚の骨をくわえさせたり、継ぎはぎだらけのユニフォームだったり、なんかステレオタイプの描き方もまたおもしろいですね。

文庫12巻
179発目 純愛狂騒曲
180発目 失恋行進曲

まさかのラブコメ(?)エピソードです。遊神楓ちゃんは、猿野くんに好意をもった数少ない女性なんです。(というか、凪さんと楓ちゃんの2人だけかと…) 楓ちゃんは正直のところかわいいです。でも空手の強さは超人級で、手刀でコーラ瓶を切断するし、体育館の壁を蹴りで破壊するし、破天荒すぎる面を持っています。そしてパパは本人以上にバケモノで…どこからどうみても鉄拳の平八なんですよね。まぁバケモノじみたところは猿野くんも負けていないので、ある意味で楓ちゃんとはお似合いだったと思います。

おしまい

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)