【タイトル】
三十路病の唄
【著者】
河上だいしろう (Daishiro Kawakami)
【出版社】
芳文社
【刊行情報】
1巻 2巻 3巻

大人による大人のための夢物語

30歳男女6人は、仕事を辞めてシェアハウスに集った。一度諦めた夢、追い続けている夢に向かってもがく、大人になりきれない大人のための物語。

30歳と夢を追う人たちへのメッセージ

このマンガのタイトルを初めて見たとき、何かこう、30歳って色々と人生に悩む年齢なので胸に刺さる感じがしました。三十路病は、中二病の30代バージョンなんだとすぐにわかりました。ただ30歳というニッチなターゲットだけでなく、広く年齢に関係なく夢を追いかける人たちに向けた作品でもあると思います。

夢がない人は何か新しいことをしよう

私は「夢なんて恥ずかしい」「人に語れる夢がない」という人間です。ただ「何かしなければ」と漠然と不安を持って生きています。その「何か新しいこと」をするためにブログを始めました。今はブログでマンガのことを書いているだけですが、その中で何か目標や夢が見つけられればと思います。夢がある人は夢に向かって突き進んでほしいですし、夢がない人は夢を見つけてほしいですし、夢が見つからなくて悩む人は何か新しいことを始めてほしいです。

まだ読んだことがない人は、以下から第1話をお読みください。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)