ギャグ探偵マンガの第2巻が6月9日(木)に発売されました!第1部完結となりますが、個性豊かすぎる高校生探偵たちの活躍を是非読んでみてください。皇くんのツッコミが的確すぎて笑えます。

【タイトル】
名探偵なんかじゃない!~高校生探偵バトルロイヤル~
【著者】
森田俊平 (Shunpei Morita)
【出版社】
KADOKAWA
【刊行情報】
1巻 2巻 (第1部 完)

双子探偵の片方がドジ炸裂!

双子の高校生探偵である橘 紅葉 (たちばな もみじ)が、2巻でさらにドジっ子を炸裂させます。ドジが原因でケガをしても彼女は平気です!ギャグ探偵モノなので、次の話でケガは治ってますから。

紅葉ちゃん、実は海水浴にスクール水着を着てくるタイプの女の子です…。しかも胸部分のゼッケンに「橘」と大きく書いてあるし…。

これは…ドジというか、恥じらいというか、華のJKの常識としてどうなんだ…?

でも!美人なんです!SNSのフォロワーが30万人いるのも納得できます。真剣に推理を語る表情、語り終わったあとのドヤ顔、笑みで表情筋が緩んでいても、美人なので絵になります。

天は二物を与えなかった…

美人で頭が良く…ないのです。姉は無知無能だから、弟の推理を大声で発表するのが役割です。皇くんの「片方 いらなくね?」という直球で切れ味抜群のツッコミが最高に笑えました。

ツッコミって、笑いを取らなきゃと意識しすぎたり、複雑な表現をしてはいけないんですよ。直感的に思ったことを、簡単な言葉で伝えればいいんです。その方が絶対にオモシロいです。

宇宙一かわいい高校生探偵 神川ゆい

皇くんを監禁し、探偵引退をかけて密室脱出勝負をしかけてきます。おぉ〜!!監禁とか密室からの脱出って、探偵モノやミステリーモノの王道ですね!!

神田さんは、自分で自分のことを「かわいい」と連呼し、皇くんにドン引きされます。あとから判明する衝撃の経歴のことを考えると、ただのヤベェ女です。

相方の大木和(おおきなごみ)さんは、真面目だけど頭が悪く、ドジっ子とは別次元のドジをしてます。神川さんだけでなく大木さんも驚くべき経歴の持ち主なので、本編を読んで知って欲しいです。

必ずドン引きします…

皇くんが名探偵っぽくなっていく

皇くんが神川さんに監禁されて密室から脱出するときや、自分が謎の高校生探偵・皇アキラである誤解を解くためにあれこれ考えてるときは、なんか本物の探偵っぽいです。心の中であらゆる事象に対して冷静にツッコミをしており、そのツッコミが推理に繋がっている時もあります。

実はツッコミ担当キャラって、目の前の事象を瞬時に観察&分析し、しかもその処理速度が常人とは比べものにならないくらい速いです。しかもツッコミが優れているということは、表現力や弁論術も優れていることにもなります。つまりツッコミキャラが持っている能力は、探偵に向いているんですね。

第1部完結

謎の高校生探偵・皇アキラの秘密が判明し、第1部完結となりました。物語が続いていれば、おそらく普通の皇アキラくんが、本物の名探偵になっていったのだと思ってます。

まぁ〜「ツッコミ高校生探偵」という異名が似合うと思います。いつも心の中でツッコミしてますしね。

第2巻がめちゃくちゃ売れれば、続編の可能性も浮上しそうなので、みなさん買いましょう。普通にギャグ探偵モノとして笑かしてくれますので、おススメです。

購入前の試しよみは、こちらのマンガ動画からどうぞ!


投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)