黒木屋さんのお母さん・黒木屋春葉さんが、良いキャラしてるですわ…ほんまに。人妻っていいな…というよりも、いろいろと危ういところが心配になってしまい目が離せなくなります。

黒木屋春葉さん (黒木屋さんのお母さん)

【タイトル】
 手玉に取りたい黒木屋さん
【著者】
  ポロロッカ
【出版社】
 フレックスコミックス
【刊行情報】
 1~4巻
【モーションコミック】
 黒木屋さん CV小清水亜美
 タダピー  CV武内駿輔

好きピを手玉に取りたいギャル

黒ギャルJK・黒木屋さんは、テストの点数1桁を量産して留年寸前…。先生すら見放すような状況で、特進科の正 直男(ただし ただお)が特別講師として名乗りをあげ、放課後の勉強会が開催されることになります。
2人はもともと小学校が同じで、当時は黒木屋さんの方が真面目で勉強ができたのですが、高校入学して再会したら、立場が逆転していたというわけです。

黒木屋さんはタダピー(正直男のあだ名)のことがずっと好きだったので、ギャルの威信をかけて、色仕掛けで手玉にとって告白させようとします。
しかし!タダピーには全く通用せず、逆に黒木屋さんが翻弄され続けることに…!いったいどうすればタダピーに告白させることができるのでしょうか…留年は?

両思いのすれ違いが激しすぎる

タダピーが高校で特進科にいるのは、大好きな黒木屋さんに認められるために努力したからなのです。
だから!彼にとって放課後の勉強会は、黒木屋さんに自分の努力の結果を見せる場であり、「好きです」という想いを伝える場なのです。でも恥ずかしくて伝えられず…、「正直男(しょうじきおとこ)になりたい」と強く願い続けます。

でもまあ〜両想いなのでね。一緒にいることで、少しずつ心の距離が縮まっていきます。たまに距離感がバグっておかしなことになってる時はありますけどね。

ぶっ飛んで突き抜けているキャラたち

黒木屋さんはギャルとして、タダピーは真面目で正直者として、個性が突き抜けています。そして周りを固めるキャラたちの個性もなかなかに突き抜けています。

雪絹さんはクールギャルなのにヤベェオタクで絵師

浜田くんは黒歴史多めの拗らせオタク

つばさ先輩はカリスマギャルなのに恋愛レベルは中学生

安藤先生は無精髭のおっさんジャージ先生(テンプレ感)

小山くんは男の娘としてクラスの男子たちを拗らせ

正 直女(ただし なおめ)は男の娘の小山くんを愛でて

浜田くんと安藤先生は、割と一般人枠です。ですが、他のキャラたちは頭のネジが2本以上ぶっ飛んでます。

黒木屋さんのお母さんがヤバい

そして…誰よりもぶっ飛んでいるキャラが、黒木屋さんのお母さんさんである、黒木屋春葉さんです。あの黒木屋さんとタダピーですらドン引きするレベルなのです。

ここからはお母さん(のヤバさ)を紹介していきます。

①娘を心配する良いお母さん?

娘が男子(タダピー)とマンツーマンで勉強してると知り、母親として2人の関係が実際どこまで進んでいるのか心配します。娘を男子高校生の性欲から守るために、なぜか娘の中学時代の制服を着て、タダピーの気を引こうとします。なぜそうなる…。

②失われた青春を取り戻そうとする

タダピーが制服姿を褒めてくれたと勘違いし、すっかりその気になってしまいます。おばさんの自分が若い子に褒められたと有頂天になり、失われた暗い学生時代の青春を取り戻したくなり、コスプレ用セーラー服をポチります。どうやら大学卒業して旦那さんと出会うまで恋愛をしたことがなかったらしく、押し込められていた欲求のようなものが、今になって吹き出してしまった感じですね…危うい人妻です…。

③ 承認欲求モンスターと化す

ネットでポチったセーラー服を着るところまでは大丈夫だとは思いますが、世間の反応を知りたくなってしまい、目元を隠した自撮り写真をSNSにUPします。いいねされたり、褒められたりして…、オフ〇〇に誘われているのことを娘に相談します。娘は全力でアカウントを消すことをすすめます。

なんだろう…ネットリテラシーが低いと自分の身を守れないんだなということがよくわかりました。わからないこと、不安なことは身の回りの人や家族に相談するのって、やっぱり大事なんですね。

④やっぱ遺伝ってコワイよ…

さすが母娘、遺伝ってスゲェやと思います。女性的な魅力はそのまま遺伝したようで、娘も母に感謝しているシーンがちゃんとありました。何か特定の事柄で拗らせるということは、悲しくも色濃く強く遺伝してしまいましたね。娘はタダピーへの愛を拗らせ、母は人妻になってから承認欲求を拗らせてモンスター化します…。

危うさのある人妻っていいな…と思えるのですが、なんか悪い男にホイホイついていきそうな感じがするんです。だって!他のキャラたちはヤバいけど安心感があるのに、お母さんはヤバくて危ういだけなんです。普通に心配…。旦那さん早く!妻の異変に気づいて愛してやって下さい!タダピーより、若い子より、自分が一番だということを刻んであげてください。

4巻では、お母さんが娘の貞操危機を心配する描写で幕を閉じます。絶対に黒木屋さんとタダピーでは過ちが起こるわけないんですけどね…。むしろお母さんが過ちを犯す可能性は十分にあります。5巻でお母さんがどこまで暴走するのか楽しみです。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)