異世界に現代人が転生しちゃうマンガは飽和状態ですが、異世界から超絶美少女がやってくるマンガは…珍しいですよね!

【タイトル】
 君じゃなきゃダメな奴隷少女
【著者】

 青目槙斗 (Makito Aome)
【出版社】

 講談社
【刊行情報】

 1巻 
【第1話の試し読み】

玄関に女の子が寝てた!?

あなたは異世界から来た超絶美少女が玄関で寝ていたらどうしますか?こわいから通報ですか?これは夢だと思っ寝ますか?エロ同人みたいな展開にしゃいますか?

残念ながらどれも不正解です。

正解は「固く冷たい床で寝ると身体を痛めるから、お姫様抱っこで迅速にベッドまで運ぶ」です。これは、人を救う医者に憧れる、医者を目指す高崎くんだからこそできる紳士的対応なのです!

意思疎通はOK

美少女が喋る言語は異世界語(?)で、元奴隷(?)で、魔法が使えて、現代日本人と価値観が圧倒的にちがいます。

日本語の理解度は謎なのですが、美少女は高崎くんの言っていること(気持ち?)を理解しています。

そして美少女が扱う言語を高崎くんは理解できませんが、赤面したり、もじもじしたり、笑ったり、頷いたり、めっちゃボディーランゲージを使ってくれるので、高崎くんは美少女の意思を理解しています。

言語の壁なんて、異世界美少女と現代日本高校生の間には屁でも無い障壁というこです。

異文化交流がかわいい…!

お皿ペロペロはお行儀がよろしくありませんが…かわいい!文明の力に驚く姿もかわいい!赤面がかわいい!上目遣いがかわいい!パンツをハンカチがわりにするのもかわいい!…そう!異世界美少女は全てがかわいい!

高崎くんと美少女でオシャンな喫茶店におでかけ(デート)したときに、周りのお客さんが美少女のことを「可愛い」と評価しています。そしてクラスメイトの安住さんは「滅茶苦茶可愛い子」と評価しています。つまり公式も「かわいい」と見解を述べています。

Kawaii is justice!!!

ベルナと男子高校生

高崎くんは美少女に「ベルナ」という名前を与えました。医者を志し、心優しい高崎くんらしい命名理由でした。以降は「ベルナ」と呼び捨てですが、男子高校生が女の子を呼び捨てにするなんて…けっこうハードルが高いですね。女の子と一つ屋根の下で暮らし、ベルナのバストを測ったり、女性モノの衣服と下着をネットで買ったりなど…男子高校生ではできないことをスラスラやっちゃいます。高崎くん、本当に男子高校生かい?

1巻は自宅と近所で物語が進行していましたが、2巻はベルナが学校に突入しちゃうようです。まぁトラブルの一つや二つ起こるのは覚悟して読まなきゃならんですわ。

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)