犬と猫とトカゲと人間たちのホッコリできる動物エッセイマンガです。先日、松本ひで吉先生から犬くんがお空に帰ったとご報告がありました。犬くんの元気でほのぼのした姿から、いつも幸せをいただきました。犬くんお空でも元気で暮らしてね。

【タイトル】
犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい
【著者】
松本ひで吉 (hidekichi Matsumoto)
【出版社】
講談社
【刊行情報】
1~7巻

犬と猫どっちも

犬マンガ、猫マンガは多いかもしれないですが、犬猫マンガって割と珍しいと思うんですよ。それにトカゲも登場します。底抜けに明るく元気な犬くん、極悪な目つきでイタズラをする猫さま、超絶おっとりマイペースのトカゲちゃん、動物大好きな漫画家の松本ひで吉、松本家の序列No.1の母、めっちゃやさしい父、動物も人も個性が強すぎるほのぼのエッセイマンガです。単行本の巻中おまけで写真が掲載されていて、リアルな犬くんと猫さまを楽しめます。

印象に残った話

第1巻 #5
盗み食いした猫さまの目が怖すぎる。
第2巻 #45
動物病院での予防接種、犬くんは予防接種でも明るく元気なんですね。猫さまはビビりでかわいい。いつもは極悪なイタズラや目つきをしているからこそ、かわいいときの破壊力がすげぇのです。
3巻 #96
猫好きのタクシー運転手おじさん登場です。猫を心から愛している紳士です。たまに感動話があるからずるい。
4巻 #104

第1巻#1でも描かれていましたが、犬くんが人間のおやつをもらえると期待している姿がかわいすぎる。毎日がこんな感じとかいいなぁ。
第5巻 #145
特に何かできるわけではないですが、洗濯を見届ける犬くんがかわいい。
第6巻#183
猫さまは父だけにデレデレ甘えにいくんですよ。まぁ猫にも好みがあるということですかね。当然、犬くんも父が大好きですね。
7巻#208

普段は開けない勝手口を開けたら、猫さまが興味をもって、すごい目をキラキラさせるんですよね。いつもの極悪な目つきからは想像できないくらいキラキラです。

犬猫の気持ち

犬猫の気持ちを飼い主の主観で描いているかもしれないですが、飼い主がそう感じでいるなら、それが正解だと思っています。動物の気持ちは100%わからないかもしれないですが、赤の他人より飼い主の方が気持ちがわかるはずなんです。かわいければOK、犬、猫、飼われているペットが幸せなら、それでOKだと思っています。