不憫ヒロインNo.1の姫ヶ崎櫻子ちゃん。彼女はヒロインであるという自覚と自信を持っています。しかし、どこか抜けているその姿と行動は、不憫でめちゃくちゃかわいいのです!

【タイトル】
姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い
【著者】
安田剛助 (Kousuke Yasuda)
【出版社】
KADOKAWA
【刊行情報】
1巻 2巻

姫ヶ崎櫻子 (ひめがさき さくらこ)

金髪ツインテールで、八重歯で、巨乳で、かわいくて、男子どもにラッキースケベを提供しちゃう女の子、それが姫ヶ崎櫻子ちゃんなんです。夏樹くんという幼なじみもいて、まさにラブコメの正ヒロインに相応しいです。しかし、そんな櫻子ちゃんの座を脅かす存在が現れるのでした…。

榊雪菜 (さかき せつな)

櫻子ちゃんと夏樹くんのクラスメイトの榊雪菜ちゃんは、黒髪ロングの美少女JKで、巨乳で、運動と勉強は壊滅的に苦手で、ツンデレ気味で、ドジっ子で…かなりヒロイン要素を持っているんです。しかも夏樹くんの親戚で、いまは夏樹くんの家で暮らしています。シャワー後の着替えを見られるラッキースケベも発生して、櫻子ちゃんの正ヒロインの座を脅かし続けます。雪菜ちゃんにはそんなつもり全くないですがね…

櫻子ちゃんの不憫萌え

櫻子ちゃんは、自分がヒロインであるという自信の持ち主…単なる自意識過剰とも言えます。でも正真正銘、このマンガのヒロインです。ヒロイン=櫻子ちゃん、夏樹くん=実は両思いの幼なじみ、雪菜ちゃん=恋愛相談担当、ちゃんと各々ポジションがあります。そしてなにより、不憫なヒロインがいたっていいじゃないですか。櫻子ちゃんの不憫な姿を見ていると、読者として応援したくなるんですよ。応援されるのも、ヒロインとして大事な要素だと思いますし。

櫻子ちゃんの不憫な行動

第1話:授業中に公開パンチラ
第2話:不慮の事故で夏樹くんに胸を揉まれる
第3話:ヒロインとしての遅れを取り戻すために脱ぐ
第4話:微エロ動画のLIVE配信にハマる
第6話:壁に挟まって壁尻状態になる
第8話:体育倉庫に閉じ込められる
これは第1巻での不憫体験の一部を抜粋しただけです。どうですか?不憫ヒロインの称号に相応しい女の子ですよね。それにしても、高校生にもなって公開パンチラとか死にたくなりそうですし、LIVE配信でミスって乳首を公開しちゃって社会的に死にたくなりそうですが、それでも普通に明るく学校に行けるとか精神力が強すぎる。さすが櫻子ちゃんはヒロインなだけあります。