2022年6月20日(月)に第4巻が発売されました!
今回の休息は、グルメ話が多く、読む時間によっては飯テロになりかねません。鍋、焼肉、ラーメン、うどん…読者の食欲を呼び起こすものばかりです!

【タイトル】
 はるかリセット
【著者】
 野上 武志 (Takeshi Nogami)
【出版社】
 秋田書店
【刊行情報】
 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻

庶民派グルメ【お鍋】

第26話/クリスマスにはお鍋を!?

話タイトルからわかるように、鍋のお話です。
はるかさん独り身なので、街のクリスマスムードにやさぐれ、年末進行に追われ、どうしても休息が必要なようです。冬に心と身体をあたためてくれるものといえば…そう!【お鍋】ですね。
はるかさんは土鍋を引っ張り出し、「クリぼっち鍋」を作ります。

孤独に鍋を楽しんでいたら編集・大山さんがやってきて、作家にとってうれしいクリスマスプレゼントをくれます!

だいぶ暑くなってきましたが、それでも食べたくなる魔力を【お鍋】は持っていますね。鍋だといつもより野菜をモリモリ食べることができるので、素晴らしい庶民派グルメだと思います。

庶民派グルメ【かき氷】

第27話/谷中で冬の氷を

はるかさんが友人の自衛隊エリート幹部・宮武慶子ちゃんと、日暮里にあるかき氷屋さんに行きます。
天然氷で作った【かき氷】は、ふわふわな綿飴みたいな感じらしいです。(マジでうまそう)

実在するお店ひみつ堂がモデルのようなので、そのうち行ってみたいお店です。ちょっと男1人で行くには勇気がいるかもしれませんが…。

庶民派グルメ【焼肉】

第29話/お肉パワー120%充填!

完全に飯テロの話であり、とにかくお腹が空くお話です。気力と集中力が必要なとき…それらを回復させるにためには…牛肉が…【焼肉】が適しています!
29話のはるかさんは、ただ単に【焼肉】を食べたいがために、あれこれ御託を並べているわけではないのです!(たぶん)
レモンの搾り汁で食べる牛タン…美味そう。
上カルビは一度ライスでバウンドさせてから食べて…肉汁の染みたライスも美味しそう。

はぁ…肉…焼き肉食べたい。ブログ主はなら牛角の食べ放題コースに行きますかね。

庶民派グルメ【ラーメン】

第30話/ラーメンたべたい

宴席の帰り、無性に【ラーメン】が食べたいはるかさんですが、夜遅くに地元の店がやってるわけもなく絶望しています。
ふと気がつくと【ラーメン】の香りがし、その香りに誘われ歩いて行くと…夢か幻か目の前にはラーメン屋台があるではありませんか!

まぁ〜ネタバレしすぎるのも嫌なので、ブログ主の【ラーメン】思い出でも書きます。
わたしはお酒がほとんど飲めないので、飲み会の後ってお腹が空いてるんですよ。都内の繁華街なら深夜2時とか3時までラーメン屋さんがやっていて、飲み会の後に会社の先輩と食べに行った経験があります。
塩分やカロリーなどは考えず、とにかくすすります。先輩が悪戯で大量に搾ってくれたニンニクによって…【ラーメン】のおいしさが犯罪的に跳ね上がりました。

庶民派グルメ【うどん】

第31話/うどんの国ふたたび

第32話/さらにディープに! うどんの国

第2巻収録の「第13話/ようこそ!うどんの国へ」で登場した香川県が再び登場です!前回は寝台列車で香川に行き、【うどん】を食べたら即座に東京へ帰る弾丸ツアーでしたが、今回は2話分使ってゆっくり休息してます。
うどん!うどん!うどん!骨付き鳥!観光!観光!観光!というくらい、しっかりと香川県を満喫、休息します。

第4巻は基本的に飯テロ巻だと思ってください。そのため、深夜に読むことだけはオススメできません。でも、これだけ食欲に訴えてかけてくるマンガは久々です!今日のランチは…うどんにしましょう!

投稿者

しめさば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)