【タイトル】
名探偵コナン
【著者】
青山剛昌 (GOSHO AOYAMA)
【出版社】
小学館
【刊行情報】
1~101巻

現役バリバリの推理マンガ

名探偵コナン、この作品は内容説明不要かと思います。なのでコナンにまつわる思い出を書こうと思います。

烏丸蓮耶の名前とシルエットが再登場!

コナンはアニメ派なのですが、烏丸蓮耶が黒幕説?のエピソードが収録されている95巻は持っています。サンデー掲載時からネットで話題になっていたので、コミック収録されたタイミングで電子で購入しました。どうしてもそのエピソードを早く見たかったので…。アニメ第219話「集められた名探偵!工藤新一VS怪盗キッド」で烏丸蓮耶という名前とシルエットがサラッと登場して、まさかその名前が再登場するとは1mmも想像できていませんでした。コナンってそのエピソード限定のキャラが多いですし、大富豪はたくさんいますし…。小学生のときに、アニメ219話はビデオ録画して何回か視聴しており、シルエットでの登場で、鼻の形が印象的で、烏丸蓮耶は覚えてました。

本当に烏丸蓮耶が黒幕なのか?

「烏丸蓮耶が再登場した」とネットで騒ぎになったときは、漏れることなく私も騒いでました。しかし本当に黒幕なのかは…断言できないです。ちょっと演出的に露骨なので、読者をミスリードするのが青山先生の意図だと思っています。多くの読者が思っていることですが、コナンは自分が死ぬまでには完結してほしい1作ですね。(HUNTER×HUNTERもね)